ランゲージラボ

用規約

Language Lab.利用規約(以下、「本規約」という。)は、運営会社である株式会社J-LL(以下、「甲」という。)が提供する「Language Lab.」およびこれに付随するサービス(以下、「当サービス」という。)の申込み希望者や利用者(以下、「乙」という。)に対して、本規約に同意したものとみなす。

第1条 (本規約の範囲及び変更)

  • 規約の範囲は、当ウェブページに規定するもの及び甲が乙に対して、電子メール等により通知する情報を含めます。
  • 甲は、本規約の改訂・変更・追加をできるものとします。また、改訂・変更・追加された規約は、乙は、本規約の変更・改訂・追加に同意したものとみなします。

第2条 (当サービスの登録)

  • 当サービスの利用を希望する者は、甲が定める手段にて、登録申込みを行うものとします。なお、乙は、当サービスの登録にあたり、下記の事項を確認し、同意しなければなりません。
    1. 通信環境が、当サービスの利用に支障がないことを確認すること。
    2. 乙が未成年の場合、親権者等法定代理人の同意を得ること。
    3. 当サービスへ登録した者(登録を前提に仮登録した者も含む)当サービスへ登録を行った時点で、本規約の内容を承諾したものとみなします。
    4. 同一人物による複数登録により無料体験期間の不正利用が発覚した場合、甲から乙に損害金を請求し、乙は支払うものとします。
  • 乙は甲に届けた登録情報の内容に変更があった場合、甲の定める手段によって遅滞なく登録情報の変更手続きをするものとします。甲は、乙が登録情報の変更を怠ったことにより生じた乙の不利益、その他の負担に関して一切責任を負わないものとします。

第3条 (当サービスの登録・申込拒否)

  • 乙が下記に定める事由に該当する場合は、甲は、当該登録・申込を拒否することができ、また、既に登録が完了した場合でも、当該登録を取り消すことが出来ます。
    1. 実在しない場合。
    2. 複数の登録を行おうとした場合または行った場合。
    3. 登録の際、虚偽、誤記または記入漏れをした場合。
    4. 過去に甲により登録を取り消された場合。
    5. 乙が指定した銀行口座、クレジットカードまたは、その他決済サービスが存在しないまたは利用停止中である場合。
    6. 乙が過去に支払代金を怠っていた場合。
    7. その他、当サービスの利用者として、不適当であると甲が判断した場合。

第4条 (禁止行為)

    乙は、当サービスの利用に際して、以下に定める行為を行ってはなりません。

  • 乙が当サービスを利用する権利を他者に譲渡、使用、売買、名義変更、質権の設定、 担保に共すること。
  • 甲の名誉、信用、著作権、特許権、実用新案権、意匠権、商標権、肖像権、プライバシーを侵害すること。
  • 違法行為、公序良俗に反する行為。
  • 当サービスの運用を妨げる行為。
  • 当サービスを営業行為、営利目的及びその準備に利用する行為。
  • 当サービスの他の利用者、インストラクターらに違法行為を勧誘または助長する行為。
  • 当サービスの他の利用者、インストラクターらが経済的、精神的損害、不利益を被る行為。
  • 犯罪行為及び犯罪行為に結びつく行為。
  • インストラクターらへの嫌やがらせ、不良行為などレッスンおよびチャットの進行を妨げる等のハラスメント行為。なお、ハラスメント行為の認定については、事実確認を行った上で、甲の判断により実施致します。
  • インストラクターらの条件やサポートセンターの場所、インターネット回線などの甲の一般的に開示していない機密情報を詮索する行為。
  • インストラクターらに対して、宗教、政治結社、マルチ商法等の勧誘をする行為。
  • 電子メールの送受信を含め、オンライン、オフラインを問わず、乙本人またはその代理人がインストラクターらと個人的に接触しようとする行為。
  • インストラクターらに甲の競合たりうるサービス、企業での勤務を勧誘する場合。
  • 甲のサポートスタッフへの暴言、脅迫行為、またはサポート業務の進行を妨げる行為。
  • 一つのアカウントを複数のユーザーで利用する行為。
  • その他、甲が不適当と判断する行為。
  • 乙は、前項に違反する行為に起因して甲または第三者に損害が生じた場合、当サービスからの解約後であっても、すべての法的責任を負うものとし、いかなる場合も甲を免責するものとします。

第5条 (罰則規定)

    甲は、乙が下記のいずれかに該当した場合、乙に対して、当サービスの利用の一時停止または登録の取り消し処分を行うことが出来ます。

  • 乙が第4条に定める禁止行為を行った場合。
  • 乙が当利用規約の各規程に違反した場合。
  • 乙が利用料金の支払いを遅滞または怠った場合。
  • 乙が当サービスの利用に際し、甲からの重大な指示等に従わなかった場合。
  • その他の事由で甲が乙による当サービスの利用を不適切と判断した場合。

第6条 (登録事項の管理)

  • 甲は、乙の登録事項を当社が別途規定するプライバシーポリシーに則って、管理するものとし、乙は、甲が乙の登録事項をこのプライバシーポリシーに従って取り扱うことに同意するものとします。
  • 乙は、登録事項を厳重に管理・保管するものとします。乙による登録事項の失念、消失及び登録事項の管理の不徹底による損害の責任は乙が負うものとし、甲は、一切責任を負いません。また、乙は自己の登録事項が他社によって不正利用されていることを知った場合、直ちに甲にその旨を連絡し、乙の指示に従うものとします。

第7条 (パスワード及びIDの管理)

  • 乙は、自己責任において、パスワード及びIDを管理及び保管するものとし、これを第三者に利用させたり、貸与、譲渡、名義変更、売買等をしてはならないものとします。
  • パスワード及びIDの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等による損害の責任は乙が負うものとし、甲は一切の責任を負いません。
  • 乙は、パスワード及びIDが盗まれたり、第三者に使用されていることが判明した場合には、直ちにその旨を甲に通知するものとともに、甲からの指示に従うものとします。

第8条 (サービス利用開始日および日時表示)

  • 当サービスの利用開始日は、甲が乙に対して電子メール等により本登録完了を通知した日とします。
  • 当サービスにおいて、利用開始日、利用月の開始日、各種料金支払いの期日、各種申請等の締切日等の日時は、全て日本時間(GMT+9:00)によるものとします。

第9条 (利用料金の支払い方法)

    乙は、甲に対して、当サービスの利用料金を下記のいずれかの方法にて支払わなければなりません。

  • クレジットカードまたは、銀行振込のいずれかでポイントを購入し、レッスン予約時に乙はポイントを消費するものとします。
    クレジットカード決済の場合。
    1. 当該支払い方法により当サービスを利用する場合は、利用期間は、第10条に定める退会手続きを行わない限り、毎利用月、同利用料金にて自動更新されるものとします。
    銀行振込の場合。
    1. 当該支払い方法により当サービスを利用する場合は、毎月1か月分のレッスン料を前払いにて支払うものとします。入金確認後に受講が可能となります。
      ※金融機関により、お振込みを頂いてから確認までに数日かかる場合もございます。お振込み手数料はお客様ご負担となります。
    2. 乙は、当サービスの利用を継続する場合、毎月お振込み頂く必要がございます。お振込みが確認できない場合、翌月の付与はございません。なお、同手続き等を行わない場合は、解約したとみなします。

第10条 (返金)

  • 乙が購入したポイントは、使用、未使用を問わず、甲は返金およびポイントの返還を行わないものとします。また、乙の通信環境・ソフトウェアおよび接続状況等の障害により、当サービスの利用が困難であった場合も同様とします。

第11条 (プランの変更及び解約、退会について)

  • プランの変更を行う場合は、保持しているポイント有効期限の5日前までに新しいプランへ変更する必要があります。また、4日前を過ぎた場合は、自動更新における決済額及び付与ポイントの変更適用は、翌々月の更新からとなる可能性があります。
  • プランの解約を行う場合は、保持しているポイント有効期限の5日前までにプランを解約する必要があります。4日前を過ぎた場合、自動更新停止の適用は、翌々月の更新からとなる可能性があります。
  • 退会を行う場合は、保持しているポイント有効期限の5日前までに、問合せフォームより退会申請をする必要があります。

第12条 (当サービスの有効期間)

  • 当サービスの利用可能期間は、利用開始日の日付(例:利用開始日が7月15日であれば毎月15日)を起算日として1ヶ月単位(以下、「利用月」という。)とします。
  • 利用可能期間は、利用料金を支払うことにより更新することができます。なお、同支払い方法は、第9条に定める手段にて行われるものとします。

第13条 (免責事項)

    乙は、下記に定める事項に起因または関連して生じた一切の損害について、乙がサービスの利用期間中、利用期間経過後問わず、甲が賠償責任を負わないことに同意します。

  • 本サービスを利用したことまたは利用できなかったこと。
  • 乙の送信やデータへの不正アクセスや不正を改変がなされたこと。
  • 乙の過失によるパスワード等の紛失または使用不能により当サービスが利用できなかった場合。
  • 当サービス中の第三者による発信、送信や行為。
  • 当サービスの学習効果、有効性、正確性等。
  • 銀行振込、クレジットカード決済等に関するトラブル。
  • 甲がレッスン中に伝えた情報に起因するあらゆる損害。
  • 当サービスの利用にあたり、乙が満足な利用が出来なかった場合。
    例 -------
    1. 急激な生徒様数の増加により、提供レッスン数が一時的に不足している状況。
    2. 希望する時間帯のレッスン、特定のインストラクターのレッスン予約が出来ない状況。
  • Skypeの利用により生じたあらゆるトラブルまたは損害。
  • 当サービス利用時に、コンピューターウィルス感染等により発生したコンピューター・回線・ソフトウェア等の損害、また当サービスに使用するソフト、配信ファイルによりレッスン中、レッスン外の使用で発生したいかなる損害。
  • 天変地異、火災、停電、その他非常事態により、当サービスの運営が不能となった場合。
  • 戦争、内乱、暴動、労働争議等により、当サービスの運営が不能となった場合。
  • 法令、またはこれらに基づく措置により当サービスが提供できない場合。
  • その他甲の責任によらない事由で当サービスの提供が困難な場合。
  • その他当サービスに関連する事項。

第14条 (個人情報の保護)

  • 甲が知り得た乙の個人情報は、甲の個人情報保護方針に則り運用をします。なお、乙が自らインストラクターへ伝えた情報に関しては適用されないものとします。

第15条 (著作権および所有権)

  • 当サービスに係る商標や記載、およびロゴマークについての著作権、所有権は全て甲に帰属します。乙が複製の使用や再配布などを行うことを禁止します。

第16条 (専属的合意管轄裁判所)

  • 甲と乙との間で訴訟の必要が生じた場合、大阪地方裁判所を甲と乙の第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第17条 (協議解決)

  • 当社及び当サービス利用者は、本規約に定めのない事項または本規約の解釈に疑義が生じた場合には、互いに信義誠実の原則に従って、協議の上、速やかに解決を図るものとします。

付則 本規約は2017年4月1日より実施します。